ありんこ書房

今日から使える創作ノウハウ。時々エッセイ。ゴシックカルチャー。

気高くゴシックであり続けるための3つの習慣と1つの考察

      2016/03/20

スポンサードリンク

ごきげんよう、蟻坂(4risaka)です。
なんか凄そうなタイトルでしょう?
ゴシックって考えがかなり多様なので、あくまでも個人の考えです。

気高くゴシックであるためにはどうすればいいのだろう?

見出しのようなことを考えてみました。

そもそも「気高く」という曖昧な価値観を並べてしまっている時点でビミョーなんですけど、
本記事は本質的にはロリィタでもパンクでも、
別に服装じゃなくてもミュージシャンでもなんでもいいハナシです。

つまり、「自分の主義・主張をはっきり立たせるための前提」のハナシです。

4つの習慣

というわけで早速挙げてみましょう。

まず前提として、ゴシックである、というのを
「表現としてGothな服を着る」とか
「頽廃的な創作を行なう」といった辺りと定義し、
そこから生まれる自らの精神性の上に立って生きていくことを目的とします。

そして、目的達成のために上記の行動をするにあたって、以下の課題が発生します。

  • 老いる
  • (上記と関連して)体を壊す
  • アイデアが枯れる

これらの対策案を以下に示します。
なんだかネタじみてきましたが最後までお付き合いください。

からだを鍛える

上で「老いる」と書きましたが、
具体的には肩とか腰を壊したりたるんだりするのが問題です。
基礎代謝が落ちるのと、スマートフォンやPCで姿勢が悪く、肩や腰に負荷がかかり続ける姿勢が原因です。
わたしは以下の行動を毎日習慣づけています。

行動 やること 効果
ドローイン お腹を限界まで凹ませて、息を止めないで30秒キープ×3セットくらい 腹横筋(内臓を支える・ウエストのくびれを作る筋肉)が鍛えられます
スロースクワット こちらのサイト様参照 大殿筋(お尻の筋肉)が鍛えられ、ヒップアップが見込めます
ストレッチ① 椅子か何かに片足をかけて、つま先を掴むように前屈を30秒×両脚 ハムストリングスが鍛えられるほか、からだが柔らかくなります
ストレッチ② 椅子に座り、膝をぴったり付けて、座面から腿を3cmくらい浮かせる×1分 骨盤を引っ張る筋肉が鍛えられて、腰が曲がるのと腰痛を防止できます
最低30分、早く歩く いわゆる「ひと駅分歩く」など、生活に組み込むと勝手に達成できる 内臓脂肪を少しすつ減らせます、また、体力が衰えるのを防止できます
猫背の予防 胸を張るように肩を後ろに回し、そのままストンと降ろす(この姿勢が正しい肩の位置なので、気づいた時に行い、そのときの姿勢を意識する) 姿勢がかっこよくなります
ベロ回し 舌を奥歯から奥歯にそって時計回りに20周、反時計回りに20周します。目も同期させてぐるぐる回します 表情筋の半分以上をこれだけで鍛えられるので、たるみ防止になります

ただの筋トレじゃねーかってお思いかもしれませんが、
じゃあ何もしないでしゃんとした姿勢や綺麗な歩き方ができるんですか?というハナシです。
論理的に考えると運動とその習慣化に自然と行き着くとおもいます。

ちなみに、若さを失うことを防ぐのではなく
基礎代謝の低下による体の不調を防止するのが目的です。
若さは本質ではありません。

食生活に気をつける

風邪引いたとか貧血だとか、格好悪いとおもいませんか。
わたしはなんだか人間くさくてやだっておもったので、
栄養をちょっと考えてみました。

が、現代の食生活の場合色々無理があるのと、
わたしは絶対に間食を摂るタイプなので、
偉そうなことは言えないため最低限のことを書いておきます。

  1. 体組成計で基礎代謝を計測し、カロリーをその周辺で管理する
  2. 夜は間食を摂らない
  3. サプリメント(ビタミンA、C、E、カルシウム)

大したことはしていません。
よくテレビで言われている範囲の行動を忠実に守っているだけです。

ただ、サプリメントについてはビタミンA/C/Eは肌の素になりますので
保湿ケアはもとより内部から体を作る上で非常に効果が分かりやすいです。
カルシウムは単純に普通に生活してても不足しまくるから補完しているだけです。

おもいっきり広告貼っちゃいますが、
私は体組成計・サプリメントはこの辺を活用しています。
値段が安いとか見た目がかっこいいとかそういうテキトーな理由で選びました。

なんか胡散臭い健康記事みたいになってきたので次行きますね。

表現に触れる

当たり前ですが、
たくさん勉強して考え方を変える機会を得れば得るほど
その経験が自らの血となり肉となります。

ポイントですが、他人を頼らないで自分で探してみましょう
といいつつ下にまたまた広告を貼っておきます。

インターネットだと検索ワードがわからないと何も調べようがないので、
雑誌を活用することで、文章・絵・音楽・服飾・造形、その全てから
自分の考えに似たものを拾えるようになり、「自分の足で立てる」感覚が得られるとおもいます。

……トーキング・ヘッズ叢書はアトリエサードさんが発行する文化の雑誌です。
これを1冊購読するようにしておくと、ゴシックハートを確立するにあたって
知っておくべき世界が大体見渡せるんじゃないかとおもいます。

ちなみに、毎月発売されますので、
この広告をクリックしないでご自分でバックナンバーをお調べになって、
興味のあるものをまず古本屋さんなどで手にとっていただくほうが確実かとおもいます。

あれ、途中ゴシック関係なくね?

おい全然ゴシック関係ねーだろ!
……とおもった場合、すでに遅れを取っているきがします。

要するに、主義・主張を確立するための前提として地に足をつけろという話です。

前半2つと、マズローの欲求5段階説

アブハム・マズローという有名な心理学者が唱えた学説があります。

自己実現理論 – Wikipedia

「人間の欲求は5段階の階層になっていて、低次の欲求が満たされると高次のそれを求める」
という考え方です。

この5段階の階層は下記のような構造になっているといわれています。

  1. 生理的欲求
  2. 安全欲求
  3. 社会的欲求
  4. 承認欲求
  5. 自己実現欲求

で、先ほど上げた一見ふざけた習慣なんですが、
1層と2層の生理的欲求と安全欲求をまず満たせ、話はそれからだということになります。

では次に満たすのは社会的欲求?
とおもったのですが、ゴシックは一種の孤高や死の美学も含む部分があります。
そうなると、愛情や社会への所属を望むのは必ずしも正しくない可能性があります。
(あくまでもこの説は一般論ですから)

もちろん、「ファッションブランドのトップとしてゴシッカーへ発信する」とか、
「ゴシックな音楽のバンドをすること」、そしてわたしの「ゴシックをテーマに記事を書くこと」は
そういう社会が存在する前提の行動でないと不自然ですから、そういう観点かもしれません。

次に4層目に目を向けてみますが、ここはSNSでよくいわれる低次の承認欲求(他人に見て欲しい)ではなく、
本来マズローが掲げる高次の承認欲求とみなします。
自分がゴシックであることの正義を掲げて自分の足で立つという自己尊重感です。

黒い服を着て自撮りにいいね!されるのもいいですが、生き様に他人の目を気にしている場合ではありません
本質的にはゴシックに限らず、自分が芯としている事柄ならば
あらゆることに当てはまるとおもいます。

で、最後に自己実現欲求が来るわけですが、
これは今のところ全然考察が見えないので本記事では多くを書かないことにします。
ぶん投げちゃってますが、堂々とゴスを標榜するひとの場合、
自分の足で歩いていますから解説するだけ意味が無い感じもします。

というわけで、「Gothな服着たい!」というシンプルな考えにしろ、
「私のゴシックはこうこうこういう主張と表現であって〜」のような深い考えにしろ、
そもそも社会性動物として自由の効く状態にならないと何も出来ないのです。
そこ、ちゃんと意識してますでしょうか。

トーキング・ヘッズ叢書のすごい特集も、元気じゃないとちゃんと読めませんもの。

まとめ

途中なんか小難しい話が入りましたが、
あなた達はお人形じゃないんだから、ひととしてゴシックするためにはまず躰が資本でしょというハナシです。

わたしなんかはこんなふうに記事で凄く素朴なことを書いてしまったので
「ああ〜下積み頑張ってるのね」みたいな残念さを出してしまったわけですが、
ゴシックな読者の皆様に於かれましては、10代でも20代でもこっそり頑張るのがおすすめです。

健康的に、不健全で在りましょう。

……ところでこの記事、どこまで本気だとおもいます?

 - ゴシック