ありんこ書房

今日から使える創作ノウハウ。時々エッセイ。ゴシックカルチャー。

iPad Pro(12.9インチ)のカバー・ケースは「DODOcase」一択。異論は認める。

   

スポンサードリンク

あまりにもケース多すぎなのでわたしが勝手に結論します。DODOCaseがいいです。
御機嫌よう、蟻坂(@4risaka)です。

iPad Proのケースが多すぎて選べない問題

べつにiPad Proに限った話じゃないんですがスマートデバイスのケース多すぎるんですよね。
で、気になったわたしは「どれがいいかなあ」と思って「iPad Pro カバー おすすめ」とかでググるわけです。

しかし、どこのサイトもおすすめカバー10選!とかまとめ記事に傾倒してアフィリエイトリンクの山にしかなってなくて、
明らかに全部試してないので筆者個人の観点を全然拾えませんし、
SEO対策が中途半端にとられているせいで「iPad Pro カバー 軽量」とかで軽いカバーを調べてもやっぱりまとめ記事がごっそりヒットします。
そうじゃなくて軽さとか材質とか使い心地とかの主観的なポイントをもっと知りたいんですが、上手いこと辿りつけてません。

という愚痴は置いといて、ベストチョイスを探す人にとってまとめ記事は混乱するだけですので、
本記事では個人的ナンバーワンiPad Proケースとして1つ、「DODOcase」(ドードーケース)というケースをおすすめします。

DODOcaseが一番いい

DODOcaseは、アメリカはカリフォルニア州、サンフランシスコ在住の職人さんがハンドメイドで作っているiPhone/iPadケースのブランドです。

DODOcase

これ、Amazonで売ってるフェイクレザーの既成品とか、樹脂系のカバーと違って非常に高品質でいいですよ。
以下にそのいいところをまとめていきましょう。

高品質な本革製

dodocase-1
「bonded leather」ということで、本革を7割、他の樹脂系素材を3割で接着して作られています。

Is the leather you use to build the DODOcase real genuine leather? | DODOcase

汚れに強く、またへたりにくいので、長く使っててもボロになる心配がありません。
わたしはDODOcaseをiPad miniの頃から愛用しているのですが、3年くらい使い続けていてもだめになる気配がなく、かなり高品質なのは間違いありません。

高いデザイン性

樹脂製ケースのアドバンテージであるデザイン性ですが、先ほどのbonded leatherであることを最大限に利用して
DODOCaseでも十分なデザイン性を確保しています。

一番の特徴はモレスキンそっくりのレザー+ゴムバンドという外観です。
ブラックカラーを選ぶと一見モレスキンのノートの一種にしか見えませんが、中身はiPadというトリックができます。
実際、1回手帳に間違えられました。

「Customizer」というセミオーダーシステムがあり、
そこで表面や裏面のテキスタイルを指定することが出来ます。
色はもちろん、ドット柄みたいな可愛らしくて個性的なデザインをWebのシステムから簡単につくることができます。

Customizer | DODOcase

……が、どうもWebサイトだけ見るとiPad Airまでしか対応してないように見えます。
メールマガジンを登録すると確かに9.7インチiPad Proのカスタムオーダーページへのリンクが出てきたのですが……。

いずれにせよセミオーダーは結構高いので、その場合はツートンカラーから選ぶことが出来ます。

IPAD PRO 12.9″ DODOCASE

必要十分な機能性

デザインと堅牢性だけではありません。
ほかのiPadケースにもある基本的な機能は十分に搭載されています。

  • カバーのふたを閉じるとiPadがスリープになる
  • モレスキン風のゴムバンドでふたを固定できる
  • Apple Pencilホルダー標準搭載
  • シンプルなはめ込み固定タイプ
  • スタンド機能つき

特にiPad Proの場合Apple Pencilホルダーがついているケースが意外と少ないのですが
その難点も見事に克服しています。

こんな感じで違和感なくApple Pencilをホールドできますし(※9.7インチ版はついてません)、
dodocase4

角度は固定されますがスタンド機能もついているので、机において動画を見るなんて用途にも対応しています。
dodocase-2

欠点というか問題点

ここまで書きましたとおり概ね素晴らしく高品質高機能なケースなのですが、
2点ほど問題があります。

高い

数あるカバーの中でも非常に高いです。12.9インチiPad Proケースだと$79.95します。
送料がたしかFedExで$35くらいかかったはずですので、合わせて$110を超えます。日本円にして12,000円。

先程も述べました通り本革製で耐久力が凄いので長い目で見れば悪くない投資だと思いますが、
高いもんは高いのでそこは気をつけなければなりません。
「こだわりの高級品」のたぐいです。

個人輸入しかない

これが一番ハードル高いのですが日本国内で販売してません

いや、正確にはiPhoneとかiPad mini向けのものはAmazonにも売ってます。

が、iPad Pro向けのやつが存在しないようなんですよね。
というわけで、DODOcaseのオンラインショップから注文してアメリカから送ってもらう必要があります。

ただしPaypal決済可能なのでクレジットカードがあれば安心安全ですし、
住所の入力の仕方は以下のサイトを参考にすれば迷うことはありません。

英語の住所の書き方 | 海外通販購入ガイド

海外通販は「ちゃんと届くの?」と心配になるかもしれませんが、
配送は最大手のFedExがやりますし、Paypalは事故時に自動的に保証してくれます。
なによりわたしはDODOcaseから4回ほど個人輸入してますがトラブルが起こったことがありません。
職人さんの発送についても信頼できるといえます。ちなみに注文請けてから作るので発送まで2〜3週間くらいかかります。

まとめ

というわけで、「まとめ記事多すぎ問題に辟易」から始まったDODOcaseを強くレコメンドする話でした。
本当にいいカバーですので、それこそ種類が多すぎて考えあぐねている方で、せっかくならこだわりたい方におすすめです。

前述のように値段と輸入の観点で購入のハードルが高いので、逆に言えば持ってる人がそうそう居ないのが良いところだと思います。

DODOcase

 - 雑貨 , ,