ありんこ書房

今日から使える創作ノウハウ。時々エッセイ。ゴシックカルチャー。

【配布終了】Toxic Metalsの使い方 〜機械音、時計の秒針、シネマティックインパクトは当面これでOK〜

      2017/04/02

スポンサードリンク

またまたMelodealerさんを巡回していたら
Toxic Metalsという無料ライブラリがあるよという記事を見かけまして、
頽廃的サウンドが好きなわたしなんかは「あーこれインダストリアルに使えるー?」と軽い気持ちでDLしちゃいました。
素晴らしいライブラリなので共有しちゃいます、御機嫌よう、蟻坂(4risaka)です。

【追記2017.04.02】
どうも配布元のhttp://forcesampling.comのサイトが消滅しているようです。。。
以下の記事は配布されていた段階での内容になりますので、ご了承ください。

Toxic Metals

どういう音源なのかは上記リンクからMelodealerさんの記事を見るのが一番早いです。
工場っぽい金属とか機械の駆動音が沢山収録されたニッチなライブラリです。

中身の簡単な説明

ダウンロードしてみると、ライブラリは6種類ありました。
toxic1
いっこずつ説明しますと、

  • Bonus Horror Metals: 「ごわーん」「ぶわー」みたいな怖い効果音
  • Bonus Industrial Noise: あらゆる機械音、炸裂音、打音に歪み系の加工済の音
  • Bonus Low Booms: ↑の音にリバーブを書けてこもらせたような音(ちょっとシネマティックインパクト風)
  • Bonus Ticky Tacka: 時計のカチカチするような音
  • Bonus Unison A: Low Boomsをもっとはっきりさせたようなリバーブ系のインパクト音
  • Menu Natural: Industrial Noiseを歪ませる前みたいなシンプルな打音や炸裂音、機械音

個人的に素晴らしいのは「Ticky Tacka」と「Unison A」、パーカッション的に美味しいのは「Industrial Noise」です。
前者2つですが、もう時計の秒針やシネマティックインパクトを探し求めてMusicRaderなどの海外サイトを彷徨う必要がなくなります(言い過ぎ)。
これのためにダウンロードする価値がありました。

「Industrial Noise」ですが、インダストリアル系ミュージックに欠かせない
汚いパーカッションの音が大体揃っているので、素晴らしくインスピレーションが湧いてきます。
このレベルの音は「COMPUTER CORE」という有料サンプリングライブラリで聴いたことがあるのですが、
あっさり無料で手に入っちゃったのでいい時代だと思います。

エフェクトがあります

先に述べますがこの節は全くまじめに説明する気がありません
toxic2
こんな感じで、普通のシンセのように

  • Drive
  • ADSR
  • コーラス
  • リバーブ
  • LPF, HPF

などが操作できますがそのまんま使って外部エフェクターで弄ったほうが慣れてる分かりやすいとおもいます
後ほどオーディオデモを載せますが、これらのパラメータは一切いじっていません。

大体サンプル自体がすでに歪んでいたりリバーブかかっていたりするので微調整不要で即戦力になってくれます。
オートメーションを書くことを考慮すると、LPFなんかも外から置いて動かしたほうがやりやすいです。

というわけでツマミは完全に無視して読み込み即鳴らしがクールです。

つくってみた

この「Industrial Noise」が素晴らしく好みの音なので、
これをパーカッションの主軸にして、
「Horror Metals」のサンプルを後ろに置いて、「Ticky Tacka」のサンプルをイントロに流した
サンプルトラックを作ってみました。ミドルテンポのインダストリアル風です。

Toxic Metals以外のトラックはギターとベースとハイハット、あとキックをうっすら載っけただけです。
ガシャガシャうるさい音となんだか怖い効果音、チクタク音は全てToxic Metalsのサンプルを使っています。

Like a Factory (Toxic Metals Demo) by Arisaka on hearthis.at

ハイハットとサブキック(?)以外ドラム音源一切使ってませんが結構迫力があるでしょう。
ちなみにサブキックといっているのはうっすら聴こえるガバキック風サウンドなので全然サブじゃありません。
表拍で鳴っている「ゴンッ」っていう音もToxic Metalsのサンプルです。ご丁寧にC(多くのドラム音源でバスドラムの鍵盤)を押すと鳴りました。
デモなのでちょっと大袈裟にしたりパーカッショントラックの音量が大きめだったりしますが、
概ねこういう音には全く困らなくなります。

時計の針の音が10個以上収録されているのがうれしいですねー、ちょうど欲しかったんです。
あとシネマティックインパクト(「どぉぉぉーん……」みたいな音)も持っておきたかったので。

ちなみにわたし、インダストリアル向けの汚し系パーカッションの音はいっぱい持ってますがあればあるだけ使います

まとめ

というわけでiZotope DDLYに続きMelodealerさんの記事経由でオイシイ材料みつけちゃったよーやったーという記事でした。
毎度お世話になっております。

インダストリアルというとハードコア系のイメージが強いかもしれませんが、
「インダストリアルロック」とか「インダストリアルメタル」というジャンルもあります通り
機械音や炸裂音はダウンチューニングしたエレキギターや重たいドラムの音と非常に相性がいいです。

今回のデモトラックはパーカッションをわざと前面に押し出した感じですが、
普通のドラムと合わせたりシンセと合わせたりしてどっかでちゃんと使ってあげたいですねー。
うん、いいライブラリを手に入れました、ほんと。

あ、ダウンロードしたくなった方はMelodealerさんの記事経由がいいとおもいます。

 - DTM/作編曲, 創作 , ,