ありんこ書房

今日から使える創作ノウハウ。時々エッセイ。ゴシックカルチャー。

同人即売会で使えるDLカードConcaは、SONOCAよりココが凄い!

      2016/11/01

スポンサードリンク

突然話題になり始めたのですが、「いやもっと前からあるでしょ」という気持ちも込めて本記事にしたためました。
ダウンロードカードによる音楽配信プラットフォームの比較です。
御機嫌よう、蟻坂(@4risaka)です。

「SONOCA」のダウンロードカードによる音楽配信

サンプリングメディアの販売代理店、近年では「初音ミク」で知られるクリプトン・フューチャー・メディア社から、「SONOCA」というダウンロードカードメディアが立ち上げられました。
2015年の時点でありましたけどね。

スマホ用音楽カード『SONOCA(ソノカ)』

「CDに変わる媒体になるか……!?」」ということで、クリプトン社と距離が近い同人音楽屋さんの間にひそかに話題を集めているようです。
……しかしですね、わたしはどうも妙に既視感を覚えたので「あれ?」と思いまして、自分のブログの過去記事を漁ってみました。

するとほらやっぱりあるんですよConcaという似たようなメディアが。

コンカ | ダウンロードカード・ミュージックカード製作サービス
過去記事: そろそろCD以外の頒布形態も考えよう。Conca(コンカ)が可能にする同人音楽のDLカード頒布

というわけでだいぶ前に情報をキャッチしていたのにも関わらずやはり影響力の差で負けるというのが弊ブログ的にもConca的にもおいしくないので、
本記事ではSONOCAとConcaを比較して、Concaが優位であるポイントを明らかにしてみようと思います。

SONOCAとConcaを比較してConcaが優位であるポイント

まずぱっと見てすぐ気づく点があります。次世代メディアとして「SONOCAしかない」という状況ではないのは明らかですので、冷静に判断していただきたいと思います。

1: Concaは音楽以外を売れる

ここ、大きなポイントでしょう。

SONOCAは音楽に特化しており、カード+専用アプリでスマホによる音楽体験を加速させる装置としての役割が大きいです。実際、スマホ世代のひとからしたら光学ドライブで読み込んで〜という手間はやってられませんし、
「体験を得る」という意味でスマホに特化する形態は理にかなっているでしょう。カードで所有欲も満たせそうですし。

しかし、その点についてはConcaもほぼ同じです。ただ違うのは音楽以外も配信できるということ。具体的には電子書籍とか画像、動画も収録できますので、あらゆる即売会で適用可能な媒体であると言えます。
例えばM3やAPOLLOは「音系グッズ」なら何でも頒布できる性質上、音源を収録しない形態、例えばR3 Magazineのようなレビュー誌の場合SONOCAでは根本的に頒布できません
この点においてConcaはアドバンテージがあるといえます。

2: Concaは20枚から受付できる

SONOCAは「小ロット対応」といいつつ最小数が100枚です。価格は横並びです(SONOCA 14,800円、Conca 14,980円)。

スマホ用音楽カード『SONOCA(ソノカ)』の価格について
価格と送料 | コンカ – ダウンロードカード・ミュージックカード製作サービス

30枚20枚というのがポイントです。同人音楽でもなんでもいいんですがその辺のピコ手が即売会で100個売るなんて土台無理です。30でも多いくらいです。ダウンロード有効期限はSONOCA、Concaともに3年(Concaは1年)で、それだけあれば売れるかなーとか思うかもしれませんが売れませんってば
ということで控えめな発注数は同人屋さんの対応オプションとして必携の部分であるかと思います。

【追記2016.09.15】
※2016年9月15日のアップデートで30枚→20枚から10枚単位の注文ができるようにグレードアップしました!60枚とか70枚みたいな半端な数でもオーダーできます。素晴らしい。
また期限は1年だったのが今回のアップデートで3年になり、SONOCAと横並びになりました。売れ残ったら次の即売会に持っていっちゃってもまだまだ持ちますね。

Concaは最小ロット30枚、6,980円20枚、5,180円から注文可能です。小ロットだと単価が高くなりますがそこは利益度外視の同人ならでは、在庫が無駄に嵩張るほうがなんかイヤですよね。
というわけで中小サークルさんがCD以外のメディアで頒布するならやっぱりConcaがいいんじゃないかなと思います。

3: Concaはサンプルが貰える

実はSONOCAサンプルがもらえないのでぶっつけ本番です。カードの材質がConcaと違うようですが比較のしようがありません。
その上で最小ロットが前述のとおり100枚からなので、やっぱり中小サークルさんが気軽に試すにはちょっとハードルが高い印象です。

スマホ用音楽カード『SONOCA(ソノカ)』のFAQ

サンプルはもらえますか?

サンプルのお送りはしておりません。カード素材は紙(マットポスト, 220kg)、サイズはクレジットカードサイズ(86mm×54mm)となります。

これにたいしてConcaは無料でサンプルがもらえます。「どんなもんかな?」と試すハードルの低さではこちらが圧倒的に低いでしょう。
注文フォーム サンプルセット | コンカ – ダウンロードカード・ミュージックカード製作サービス

ちなみにSONOCAはマット系、ConcaはPVC製なので、つや消し、つやありの違いがあります。Concaのほうがコンビニの店頭にあるカードに近いイメージです。

【追記2016.09.15】
ちなみにSONOCAと違って本番の注文をしても注文分とは別にスペアカードが3枚が付いてきます。
自分で持っててもよし、展示用にブースに置いておくもよし、お客さんに渡す分とは別に色んな使い方ができるカードがついてくるのもConcaだけです。

4: Concaはカード台紙のデザインが自由(SONOCAもできる?)

これ、Q&Aページのこの記述から推測しただけなのでちょっと断言はできかねるのですが、Concaのほうがデザインは自由に思えます。

スマホ用音楽カード『SONOCA(ソノカ)』のFAQ

Q: オプションのカード台紙はカスタマイズできますか?

A: できません。ただし、お客様ご自身で作成・編集いただけるテンプレートはございます。

「テンプレートがある」というのがどういう意味なのかちょっとよくわからなくて、たぶんSONOCA側で納品したデザインのカードを作ってくれるわけじゃないけど、台紙のテンプレートは配るから後で印刷とかそういうシールを作って貼り付けは出来るよというニュアンスと解釈しています。

となるとConcaは画像を納品すると最初から台紙のデザインを自由に弄ることができますので、こっちのほうが楽ですしこだわりぬいたものを作ることが出来ます。

仕様 | コンカ – ダウンロードカード・ミュージックカード製作サービス

カード台紙オプション

オリジナル画像の印刷、または全7色のコンカデザインから選択可

また、デザイン以外にもConcaは穴あけオプションなどディスプレイ的にもこだわりたい人向けのものが揃っていますので、この辺の自由度についてはSONOCAより優れているといえるでしょう。

納品が超早いバージョンがある(2016.09.15追加)

Concaには「スピード製作オプション」というものがあります。

【アップデートのお知らせ】 マイページの導入、コードオンリープランの有料化、DL有効期限3年までなどなど – ダウンロードカード製作サービス「コンカ」公式ブログ

スピード製作オプションを追加しました

お急ぎの注文に対応する為にスピード製作オプションを追加しました。
「5営業日製作」と「3営業日製作」の2種類があります。

注文確定日の翌日から製作日数として計算されます。

また、3営業日製作の場合は以下の制限があります。

製作枚数は500枚まで
カード台紙の同時注文は出来ません

さすが個人事業のフットワークといいますか、とんでもないスピードで作ってくれます。つまりどういうことか。同人作家の皆様ならおわかりですね。
そう、修羅場っても安心です(おい)。少なくとも1週間前に注文できれば即売会に持っていくには間に合うはずです。

さすがにConcaの中の人的にもシビアなので制限はありますが、それを差し置いても突発的な製作に役立つというのは同人作家的に非常に大きなアドバンテージになるのではないでしょうか。

ちなみにSONOCAは10営業日以内。早いことは早いですが超スピードを保証できるわけではありません。。Concaのスピード製作サービスの2〜3倍かかりますので、修羅場には使いにくいです。

スマホ用音楽カード『SONOCA(ソノカ)』のFAQ

Q 納期はどれくらいですか?
A ご注文後、10営業日以内に発送いたします。運送状況、受注状況により発送が遅れる場合がございます。あらかじめご了承ください。

SONOCAはSONOCAで権利関係に強いのが魅力的なんですけどね。

まとめ

SONOCAとConcaを比べた時、現状Concaにおけるアドバンテージは音楽以外も売れる、30枚20枚から作れる、サンプルを試せる、超早い版があるというあたりです。主に前2つとスピードは大きなアドバンテージになりますね。
あと個人的にはConcaはわずらわしい会員登録が無いのもうれしいところです。買い手的には「専用ページに飛んでダウンロード!アプリ不要!登録不要!」というのは非常に便利ですよね。

ただし、そうはいってもSONOCAは音楽以外の販売に今後対応するような記述がQ&Aページにありますし、なにより権利関係に強い、送料無料など細かい点で大きな企業資本特有のパワーがあります。矢継ぎ早に改良しないとConcaはちょっと追いつめられる感があります。
なにしろ頒布形態や価格、デザイン性などの面で完全に衝突しているので……ユーザーとしては決定的な差別化ポイントが欲しいところです。

【追記2016.09.15】
その改善ですが、個人であるため意思決定の速度が非常に早く、ユーザーの改善を非常によく拾って下さるようです。これならさらなる期待が持てますね。
【アップデートのお知らせ】 マイページの導入、コードオンリープランの有料化、DL有効期限3年までなどなど – ダウンロードカード製作サービス「コンカ」公式ブログ

個人的には少人数で頑張っているConcaを応援したいので、読者の皆様もこの辺よくみてご一考下さいませ。

コンカ | ダウンロードカード・ミュージックカード製作サービス

 - 創作, 音楽 , , ,