ありんこ書房

今日から使える創作ノウハウ。時々エッセイ。ゴシックカルチャー。

Waves V-EQなど、ツマミを操作するEQの使い方を理解する方法と2つのメリット

      2016/10/07

スポンサードリンク

エンジニアではないので厳密性は求めていません。2種類のGUIによる操作感の違いを直感的に理解するのが目的です。
御機嫌よう、蟻坂(@4risaka)です。

最近のパライコ

ミックスにおけるEQプラグインに「パライコ」、パラメトリックイコライザーというものがあります。

特徴は「変化させる周波数帯域が可変であること」で、普通カットしたりブーストしたりしたい周波数帯域を選んで、そこから削ったり持ち上げたりするという2段階の操作です。
グライコが周波数帯域固定なのに対して、ある程度狙った箇所にぶつけられる柔軟さがあります。

さて、DAWを用いてミックスするのが主流となった現在、パライコのGUI(操作画面)も様々なアプローチが取られています。このうち、本記事では昔のラック機材を髣髴とさせる画面を持つものを「ツマミ型」、最近のデジタル処理に向いた画面を持つものを「帯域表示型」と分類して、
ツマミ型の操作感が解りにくいという問題を直感的に解決してみます。

2種類のパライコ

さて、「ツマミ型」と「帯域表示型」のパライコ、それぞれについて具体例を示してみましょう。

ツマミ型パライコ

ここで「ツマミ型」というのは、以下のようなラック機材のそれを髣髴とさせる画面を持つタイプのイコライザープラグインです。
eqdiff2

これはWaves V-EQですが、各ツマミで操作する帯域を決定して、何dB動かすか決定するという操作を行います。

帯域表示型パライコ

最近のVSTプラグインで多いのが、こちらの帯域表示型パライコ。
eqdiff3
Waves Renaissance EQです。さきほどのV-EQと全く違う画面であることがわかります。

こちらは、真ん中の点を左右に動かして操作する周波数帯域を決定し、その点のEQカーブを決定した後に上下に動かして何dB操作するか決定するという画面ですね。

課題: ツマミ型EQが直感的にわかりにくい

さて、いきなりDTMから入ってきた人なんかでラック機材をよく知らない・経験がない場合(わたしもそうです)、前者のツマミ型パライコは何がどれくらい変わったのか直感的にわからんという問題があります。

帯域表示型のEQだと、画面を見た瞬間にEQカーブ、帯域、どこをどれくらい減らして増やしているのかわかるんですよね。
eqdiff4

ところが、ツマミ型パライコは何をどう操作してもツマミが全てなので見ただけではよくわかりません

一方、最近多いコンソール系の機材は非常に音質が良かったり効果に特徴があったりなど、無視できないレベルであることが多く、この先直感的な帯域表示型パライコに依存しすぎてしまうと若干の機会損失をしてしまう可能性があります。
そこで、ツマミ型パライコと帯域表示型パライコの操作感の差について理解しておくことが重要と考えられます。

「EQというのは耳で判断するものなので視覚に頼るな」というご意見もおありでしょうが直感的にわからんもんはわからんということで、帯域表示型パライコをベースにして、ツマミ型パライコの操作感をなんとなーく理解してみましょう。

2種類のパライコの操作感の違いを理解する方法

まずこの2種類のパライコ、画面が違うだけでやっている操作は全く同じです。
なので、操作画面の対応付けができれば理解するのはそう難しいことではありません。

たとえばRenaissance EQのさきほどのカーブ(空のプロジェクトに何も考えないで書いた謎のカーブですが)、
eqdiff4

こちらをV-EQで再現すると以下のようになります(クリック・タップで拡大)。
eqdiff5

拡大してよく見るとピンクの線に番号が振ってあるのがわかると思います。というわけで左から順番に①、②、③と振った箇所について見ていきましょう。

①ハイパス

Renaissance EQだとだいたい50Hzのあたりにざっくりハイパスをいれてあったので、V-EQでは47Hzのところにつまみをあわせました。

ちなみにV-EQは1個のツマミの○に2個の操作系統がついており(内側の白いツマミと外側の黒い輪っか)、どうやら一番左はローパスとハイパスのようです。
ということで黒い輪っかのほうを「47」に合わせたら大体再現できそうです。

②ローミッドのカット

Renaissence EQだと300Hzのあたりをカットしてます。今見ると削りすぎなのでおかしいですがとりあえず真似てみます。

V-EQのローミッドは左から3番目のツマミ、数字を見ると220〜1200まであるので、この辺をいじれば該当する周波数[Hz]を操作できそうです。
近いあたりということで270か330、今回は説明例なので適当に330に合わせて、白いツマミでカット量を決めます。「-1.2dB」とか操作していると表示されるので、目標値まで回しておしまいです。

今回は扱っていませんが、ミドル〜ハイはその右のツマミが担当しているようです。1.5〜8.2という数字が見えますね。単位はkHzです。

③ハイを増やす

よく金物のEQでやったりする「きらびやかにする」というやつです。今回は謎のカーブなので値はとりあえず無視するとして、Renaissance EQでは9kHz付近をちょっと盛ってるのでこれを再現してみます。

「OUTPUT」ツマミの隣に「HF」というのがあり、こちらはハイパス限定のカーブで通してくれるみたいなので、「10」に合わせます。単位はkHz。
ローミッドの時と同じように、白いツマミをいじるとdB量が変化させられます。


以上、Renaissance EQ(帯域表示型)とV-EQ(ツマミ型)の対応付けでした。

実際対応付けして見てみるとあんまり難しいことしてないことがお分かりになりましたでしょうか。
EQはトラックの音色によってある程度定石があるので、実は画面の情報がつまみしか無くても、こういう対応付けの理屈を理解していればあとは淡々と操作するだけだったりします。

ツマミをいじるタイプのEQを理解するメリット

ここで、V-EQがRenaissance EQと異なっている部分を確認しておきましょう。

Q値の指定がない

はい、V-EQにはQ値の指定がありません。

実は内部的に固定のQ値を持っており、勝手に決まっています。つまりこっちが改めて悩む必要が無いのです。高々「Hi-Q」ボタンで利き具合を変えるくらいでしょうか。

で、EQは音色ごとに大体同じような設定があるので、現代の「トラック数が非常に多くてピーキーなEQが必須」という状況でもない場合、具体的にはバンドサウンドなどで帯域のすみ分けが予め出来ているサウンドの場合、こういうEQを使ってQ値の設定をごちゃごちゃいじるのをやめるほうがさくさく進むことがあります。

帯域幅の指定が選択式

帯域表示型パライコの場合、1Hz単位で柔軟に指定できるんですが、実際のところ「50Hz以下をカット」とか「1kHzを少しブースト」とか美味しいポイントって決まってます
一方、知識が十分にない状態で帯域表示型パライコを使うと、直感的である一方資料を見ながら右へ左へぐりぐりするという操作上のムダが生じます。

ツマミ型EQは、プラグイン側で予め用意された「よくある帯域を選ぶ」ことをすればよいのでこの点について迷いがなくなります。
Q値の固定と合わせると下手に自分でごちゃごちゃするよりなんとなくうまくまとまるという環境がすでに用意されているので、実は初心者〜中級者は下手なこと考えないでミックスできる分こっちのほうが良いのでは?と言えるのではないでしょうか。

まとめ

まとめると以下の様な感じでしょうか。

  • 帯域表示型パライコは画面が直感的で、ツマミ型パライコは無骨だが、実際対応付けしてみると理解しやすい
  • ツマミ型パライコはQ値や周波数帯域がある程度固定されているので、無駄な操作や迷いが発生しない
  • ということは、初心者〜中級者はあえてツマミ型の制限の元で頑張ったほうが下手なことするよりまとまりやすいはず

ラック機材のシミュレートとしてああいうツマミ付きの画面があるので、「昔の機材で世のプロは凄いミックスを仕上げてきた」と考えたら、操作に制限があってもうまくまとまるのはなんとなく予想できるはずです。

一方で、「特定の周波数だけ4dBくらいQ値6とかでぐっさりしたい」などのピーキーな要望には一切対応できないので、それについては帯域表示型パライコを使って上手くやる必要があります。
が、それが必要な段階まで理解しているということは、この2つの操作画面についての迷いもなくなっているはずなので、とりあえず大丈夫でしょう。

ということで、実は意外と難しくないことがわかっていただけたら幸いです。技術的なところはちゃんとしたエンジニアさんのブログを探して下さい。

関連記事: 【石田ごうき著「音圧アップのためのDTMミキシング入門講座!」は、ミックス初心者のためにある本でした。

 - DTM/作編曲, 創作 , ,