ありんこ書房

今日から使える創作ノウハウ。時々エッセイ。ゴシックカルチャー。

妖精帝國の橘尭葉大尉が使っているギターを特定してみた

      2016/11/24

スポンサードリンク

人気のバンドの機材の話。臣民の皆様なら気になりますよね?
御機嫌よう、蟻坂(@4risaka)です。

今をときめくメタルバンド、ランティス所属の「妖精帝國」というアーティストがいます。
近頃はアニソン提供のみならず、作曲陣の外部での活躍や海外公演など、まさにメタルバンドとしての地位を確立しています。

フロントマンのゆい様の可愛らしい声に、近頃は7弦ギターを導入したパワフルでヘヴィなサウンドが合わさることで唯一無二の世界観を構築しています。

さて、この妖精帝國のオリジナルメンバーにして、今日まで沢山の曲を作ってきたリズムギターの「橘 尭葉」大尉※。彼の魅力的な曲はもちろんですが、バンドとして見たとき彼の使っている機材がなんなのか気になりませんか?

雑誌のインタビューでなんとなくうかがい知ることができますが、本記事では特にギターに焦点を当てて、彼と同じギターを使いたい!とお考えの方に答えを提供してみようと思います。

※妖精帝國は楽器隊のメンバーに階級があります。尭葉さんは「大尉」です。

橘尭葉大尉が使っているギター

それではまえがきは程々にして順番に見ていきましょう。

最も頻繁に使っている緑色のレスポールっぽいやつ → DBZ Guitars Bolero QM(Siberian Quilt)

「DISORDER」のMVがいちばん見やすいでしょうか、なんかものすごい模様の緑色のレスポールっぽい丸いシェイプのギター。

これを始めとして式典(ライブ)等で頻繁に使用しているこのギターは、DBZ Guitars Bolero QMで間違いないでしょう。
12フレットのインレイとヘッドの形状、あとくびれのところに特徴があります。何よりものすごいキルトのカラーはこのモデル以外無いです。

Bolero QM Siberian Quilt — Diamond Guitars

DBZ GuitarsはアメリカのDEAN Guitarsの創業者が新たに立ち上げたブランドです。いかにもメタル向けなトレブリーなサウンドが特徴です。お値段はドル建て価格だと10万円くらい。妖精帝國サウンドはこのギターから生まれているのかもしれません。

ちなみに橘大尉は最近全弦3音下げまでダウンチューニングして使っているようです。上記の「DISORDER」もチューニングはA#で、7弦でも半音下げです。
ドロップA#かと思いましたが、パワーコードの押さえ方が標準的なフォームなのでたぶん全部均等に3音下げてます。また、最近の式典でもこれが出てきてリズムギターを奏でているので、7弦の曲向けになっているのは間違いないはずです。

で、実はもう既に国内で売ってないモデルなので入手困難かなーと思いましたが、輸入して販売しているお店がありました。16万しますが。
ただひとつ言えるのは、大尉が所持している緑色のえぐいカラーのやつはもう無さそうということです。残念、レア個体!

半音下げ → ESP Forest-GT

最近Boleroがメインなのであまり見かけないですが、ESPのForestも持っているようです。こちらは「Mischievous of Alice」で使っています。
PAX VESANIAが出たときの式典ツアーでも使っていましたね。トゲトゲした赤いギターです。

いまいち暗くてわかりにくいので、メーカーサイトを紹介してみます。
これの「See Thru Red」ですね。

ESP Original Series -FOREST-GT-

で、なぜ「半音下げ」って断定したかというと、このギターフロイドローズだから & 最近のダウンチューニングで使われてないからです。

Forestはフロイドローズトレモロという機構を搭載しているのですが、こいつが弦を特殊な方法で固定する関係でチューニングを変更するのがとんでもなく面倒な仕様となっております。
その変わりアーミングで変則的な奏法を行ってもチューニングがずれにくいという強みがあり、テクニカル系ギタリストには人気の機構です。

しかし、臣民の皆様は御存知の通り橘大尉はリズムギターですしアーミングしないので、選択肢としてはダウンチューニングしてメインギターに据えるか、そのまま半音下げで使うか、の二者択一な感じです。リードを弾くのであればまた話は変わったのかもしれませんが。。。

で、7弦を使うという話になったとき手元にいくつかギターがあって、Boleroのほうが簡単にチューニング変えられるんだったらわざわざForestのほうを弄ろうとはギタリスト的に考えにくいなーと妄想してみました。真相は定かではありませんがとりあえずダウンチューニングで使ってるのみたことありません。

「半音下げ」とした根拠は、妖精帝國の中期までのサウンドが基本的に半音下げメインであったためです。

ちなみにBoleroより遥かに高価で40万近くする受注生産品です。リッチ!

初期に使ってた赤いギター → DEAN Guitars Hardtail Pro

まだ妖精帝國が二人組ユニットだったころの橘大尉をご存じの方ならおわかりでしょう、さっきのForestより鮮やかな赤色で、丸みを帯びた形のギターも使われています。

だいたい初期に使われていましたが、最近の曲だと「Hades: The end」なんかで使われています。ただこっちはオフィシャルMVがYoutubeになかったので、Hades三部作から「Hades: The bloody rage」です。これでも使われています。

で、これはちょっと迷ったんですがDEANのHardtail Proです。

Dean Guitars – Hardtail made in Japan – New for 2007

最初に紹介したBoleroと同じ創業者が立ち上げたアメリカのブランドです。Hardtail Proの特徴は日本のギターメーカー、フジゲンが作っているところですね。DBZ Guitarsと同じくメタラー御用達の激しいサウンド奏でる向けギターです。

ちなみに、BoleroのブランドであるDBZ Guitarsには「Mondial」というよく似たモデルが存在します。

DBZ Diamond Guitars – Mondial-FM

木目もカラーもフレット数もヘッドの形もピックアップカバーの有無も同じです。参りました。
しかし、橘大尉が使っているのはMondialではなくDEANのHardtail Proです。

さきほどの「Hades: The Bloody rage」の動画の1分12秒地点をよーく御覧ください。

ギターをよく見る!

ギターをよく見る!

コントロールノブが4個あります。そしてMondialのコントロールノブの数は2個、Hardtail Proは4個です(先程のメーカーサイトリンク参照)。というわけで確定なのです。
まあギタリストならこの違いくらい気づけますよね(ふつさらさら)。

……で、もう販売していないモデルなので、もし気になったら中古やオークションを探すほかありません。
「Hardtail Select」という微妙に違うやつもありますがこっちは日本製じゃなくてアメリカ製です。Proはたぶん新品で買ったら20万円くらいしたやつじゃないでしょうか。

このギターは「使徒奏デシ破滅の竪琴」でも使っていましたが、あれはチューニングがBoleroの3音下げくらい低くないと弾けないはずで、一方で半音下げのHades: The endでも使っているので、MV用だからどうにでもできるといえますが現在のチューニングは謎です。

Astral DogmaのMVのやつ → 特注品

番外編っぽく、新体制になった初めてのアルバム「PAX VESANIA」収録の「Astral Dogma」のMV、あるいは「使徒奏デシ破滅の竪琴」の冒頭で一瞬だけ出てくる変なギターも見てみましょう。

見たら分かるんですがビグスビートレモロ装着だわヘッドが異様な形をしているわしまいにゃ蒸気は出てくるわで完全に謎のギターです。

そもそもAstral DogmaのMVは弦楽隊メンバーが全員なんだか異様なギターとベースを使っているので、MV向けの特注品と考えるのが妥当でしょう。

で、特注品の犯人は誰だって言ったらESPしかないでしょうね。ESPといえばどんな形のギターでもオーダーすれば作ってくれることに定評があります。

ESP | Custom Order Made | Order Gallery

「PAX VESANIA」の歌詞カードのクレジットにESPのロゴがありますので、MVに何らかの協力をしていると思われます。ESPがMVで協力する要素といえばギターしかありませんね。

欲しくなっちゃった人は「妖精帝國の橘尭葉大尉と同じやつ!」ってBIG BOSSあたりの店員さんに相談したらひょっとしたらひょっとするかもしれません。たぶん100万円くらいかかりますが
番外編っぽく扱ったのは言うまでもなく実際に音出してる光景が存在しなかったり、先に上げた2つのMV以外で登場していないからです。どこまでも謎です。

まとめ

というわけで、妖精帝國の橘尭葉大尉が使っているギターは

  • DBZ Bolero QM Siberian Quilt
  • ESP Forest-GT
  • DEAN Guitars Hardtail Pro
  • (使ってないけど)謎の特注ギター

あとボストン公演ですごくオーソドックスなサンバーストのレスポールを使っていた気がするのですが、メーカーを特定できないので本記事ではスルーしちゃいました。
某音楽集団のメインコンポーザーの人が最初期にブログで「Grecoのレスポール」と書いていたので、その可能性が非常に高いですが。

もし妖精帝國にあこがれてギターを始めたい方で、リードギターの紫煉曹長より橘大尉のファンだ!という方がいらっしゃいましたら、本記事が機材選びの助けになれば幸いです。
ご覧の通り全部結構高いので覚悟は必要ですけどね。

あとこの記事で妖精帝國の曲を知った人は、導入のアルバムとして「Gothic Lolita Propaganda」、最近のメタルバンドとしての姿は「PAX VESANIA」「SHADOW CORPS[e]」がオススメです(特にメタラーはSHADOW CORPS[e]がいいでしょう)。
Mischevous of Aliceなどの名盤シングルは「Hades The other world」というアルバムにまとまっています。

妖精帝國 Official Web Site — Official Das Feenreich Web Site

 - 機材, 音楽 , , , , , , , ,