ありんこ書房

今日から使える創作ノウハウ。時々エッセイ。ゴシックカルチャー。

機材オタクのわたしが最終的に選び抜いた8つの必携ギターメンテナンスグッズ

   

スポンサードリンク

ギターメンテグッズ多すぎなので「これだけあればいいや」という結果を共有します。
御機嫌よう、蟻坂(@4risaka)です。

ギターメンテグッズ多すぎ問題

エレキギター、大分普及してますし、それに伴ってメンテナンスに使える便利そうな道具も
たくさん、たーくさん揃っていますね。

で、初心者〜中級者だともうなにがなんだかわからん状態になってるんじゃないかと思います。
わたしもその初心者〜中級者のラインの当事者なのでよーくわかります。
指板用オイルひとつとっても無数にありますものね。

が、わたしは今のところ、本記事で紹介しているものだけを使って満足快適にメンテナンスライフを過ごしてますので
迷いを絶って無駄な物欲を消し去るという意味でも参考にして頂ければと思います。

おすすめギターメンテグッズ

必携レベルのもの、あると便利なレベルのもの、色々ありますが
全てごった煮にして紹介しちゃいますね。

クロス

ボディとか指板を拭いたりするのに使う布ですね。

これもピンキリで何を選んで良いのかよくわからなくなるんですけど、
掃除用の安いクロス + ボディ磨く用のちょっといいクロスの取り合わせがいいです。

安いクロスは別になんでも良いんですけどこれを使っています。
指板の掃除はこちらで。
FERNANDES ( フェルナンデス ) / WCS Polishing Cloth 625S | サウンドハウス

FERNANDES ( フェルナンデス ) / WCS Polishing Cloth 625S | サウンドハウス

で、高いクロスですがキョンセームクロスがいいです。
HOSCO ( ホスコ ) / KCL-WS | サウンドハウス

HOSCO ( ホスコ ) / KCL-WS | サウンドハウス

シカ革のクロスなんですが、裏面と表面を使い分けることができて、
裏面で手垢とかをとりあえず取る→表面で磨く というステップを踏むことで
グロスフィニッシュのボディなんかだと見違えるほどピカピカになります。

キョンセームクロスはちょっと高いんですけど、1枚持っておけばずっと使えますのでコスト的には弦よりずっと大したことありません。

弦のクリーニング

ギターに毎日触れるとして、弦って手脂なんかでちょっとずつ駄目になっていきますので
少しでも長持ちさせるために、練習終わったら弦を磨くのがおすすめです。
(この節だけ、なぜかサウンドハウスに商品がありません)

クリーニングのための弦を磨く道具も複数でているのですが、大体1〜2本ずつ磨く道具です。
正直毎日毎日弾くたびに1本ずつ磨くのはやってらんないので、全部一気に磨くクリーナーを用意します。

弦をこれで挟んでヘッドからブリッジまで往復させるだけで掃除完了です。
7弦でも全部一気に挟むことができます。

で、乾拭きだとあんまり意味ないので、弦用の洗剤(?)をつかいます。
これも色々あって、わたしも3種類くらい試しましたけど、わりと感覚的にこれが一番良いです。
こいつをさっきのクリーナーに適当にぽんぽんと染み込ませて、何回か往復したらおしまいです。

この手のクリーナーはフィンガーイーズが有名ですが、
ボディに付いてはいけない、独特の匂いがするなど独特のマイナスポイントがあるのでわたしは使ったことがありません。
あと、他のクリーニングアイテムはめんどくさかったり弦の裏側を拭けなかったりするのでおすすめしません。

指板のクリーニング

弦を交換したとき、ついでに指板のメンテをすると思いますが
わたしの場合手持ちのギターがローズ指板とエボニー指板なので、オイルが必要です。

で、オイルだけだと手垢が落ちないので、まずオイルの前にクリーナーでお掃除します。
さっきの安いクロスにこれを吹き付けて拭いてます。
TRICK ( トリック ) / Fletboard Cleaner | サウンドハウス

TRICK ( トリック ) / Fletboard Cleaner | サウンドハウス

完全に拭き取ったあと、安いクロスの使ってない面にオイルをつけて、少量指板全体に塗ります。
レモンオイルとかオレンジオイルとか色々あるんですけど、今はこれに落ち着いています。
変な柑橘系の臭いが一切ないのでおすすめです。
ROCHE THOMAS ( ロシュトーマス ) / Premium Fingerboard Oil | サウンドハウス

ROCHE THOMAS ( ロシュトーマス ) / Premium Fingerboard Oil | サウンドハウス

Premiumとかついてますが700円で買えます。
オイルの使用頻度的にそうそう簡単になくならないのでコストパフォーマンスは気にする必要ありません。
なので、「オレンジオイルの臭いがイヤ」という人には唯一にして最適の選択肢になります。

弦交換のときに便利なやつ

ボディと指板を磨いたら弦交換ですね。
本記事では弦そのものじゃなくてその周辺で便利なグッズを紹介します。

ストリングスワインダーがあると便利、なのはギタリストの間では常識ですね。
で、わたしは普通のストリングスワインダーではなくニッパーが一緒になってるコレをおすすめします。
PLANET WAVES ( プラネットウェイブス ) / PRO WINDER/CUTTER | サウンドハウス

PLANET WAVES ( プラネットウェイブス ) / PRO WINDER/CUTTER | サウンドハウス

……と書いてて申し訳ないんですが今のわたしのギターは全部ロック式ペグなので
実は今もうストリングスワインダーは全く使ってなかったりします。
そうなるとただの変なニッパーなんですけど、まぁそれはそれで重宝してます。

で、弦を張り終わったあとの話なのですが、
弦って交換直後は伸長するので、伸びきるまでチューニングが安定しないんですよね。
手で引っ張って安定させるのもいいんですけど切れたら痛いので、弦を引っ張る専用の道具を用意して使っています。
これもなぜかサウンドハウスに無いのでAmazon推奨です。

ちょっとわかりにくいんですが、使い方はこちらの動画が詳しいです。

これを使うと即効でテンションが安定してくれるんですが「それのために道具買うのかよ」って思うかもしれません。
が、わたしの場合すぐチューニング狂われると練習やる気失くす程度にめんどくさがりなので
モチベーション維持のためにさっさと安定させるのは必須なのです。
同じような頭を持ってる方にはおすすめしたいですが、優先度は低いです。

まとめ

という具合に、弦交換とついでにギターを綺麗にするときとか
日々の練習のあとのメンテナンスは以上の道具たちでまかなっています。

普遍的なものを並べただけですが、
キョンセームクロスとSTRETCHAは感動した逸品なので持ってない人に薦めたい類のやつです。
特にキョンセームクロス。新品みたいにピカピカになりますよ。

あ、ほかに「これは外せないでしょー」みたいなのあったら教えて下さい。RTでコメントしたらエゴサーチで勝手に拾いますから。

 - 創作, 機材 , , ,