ありんこ書房

今日から使える創作ノウハウ。時々エッセイ。ゴシックカルチャー。

EZ Drummer 2は初心者DTMer向けであると再評価してみる

      2017/01/26

スポンサードリンク

なんだかんだいって優秀な音源であることを評価してみることにしました。
御機嫌よう、蟻坂(@4risaka)です。

ToontrackのEZ Drummer、結構前に出てから今までロングセラーのドラム音源ソフトでして、その特長として「簡単操作で即戦力」であることが挙げられます。

今でこそAddictive Drumsなどのいろんなドラム音源が出揃っているので選択肢のひとつに落ち着いていますが、発売当時はこのような「即戦力ドラム音源」は他にほとんど存在せず、その後のカテゴリ形成に大きく寄与したものと見られます。

さて、そんなEZ Drummer 2ですが、以前の記事で「ちょっと失敗したかなぁ」みたいな話を書きました。
(参考記事: 運用に失敗したDTMプラグイン4つと、プラグインコレクター化しない考え方)

ところが、機能をあらためて俯瞰するとやっぱりいい音源だねという結論に落ち着きそうですので、そんな話をしてみようかと思います。

EZ Drummer2 はここが凄い

ひとことで申し上げますと初心者が悩みそうなポイントをピンポイントに音源側でカバーしているんです。これはよその音源ではなかなか出来ないアドバンテージですので、ひとつずつ紹介しようと思います。

音作りが即戦力

まず音作りが即戦力です。

どういう意味かと申し上げますと、まずドラムってシンバルとかスネアとかいろんなパーツがあって、それぞれにEQやらコンプやらの処理をしないといけなかったりするじゃないですか。

それって初心者の方にとってハードルが高いですし、その前に「パラアウトって何!?」みたいな詰まり方をしちゃって辛い目に遭うじゃないですか。

……という悩みを、「もうだいたい出来上がったサウンドを使える」というショートカットで解消しています。

具体的にお聞かせしましょう。こちら、リミッターをかるくかける以外何もしていないEZ Drummer 2のサウンドです。

どうです、無加工なのにすでに完成されてるのが理解頂けますでしょうか。例えばバスドラムなんかは、この例だとビーターのアタックが強調された感じになっていて、そういう加工を自分でやらなくてもなんとかなるというイメージです。

後述しますが音量とパンも全然加工して無くて本当に乗っけたままです。以下に即戦力がご理解いただけるかと思います。

もちろんアンサンブルに混ぜる時はギターやベースとぶつからないように調整しなければいけませんが、ドラムを基準にして調整を始められるのでゼロからがんばるよりかなり楽になります。

ボリューム・パンの設定が即戦力

はい、ミックスの際に最初の課題としてやってくるのがボリュームとパンの調整です。
これについては以前Neutronの記事では重箱の隅をつつくような指摘をしたりしていました。
(参考記事: 初心者が見落としがちな、iZotope Neutronでできない重要な3つのこと)

しかし、EZ Drummer 2は音源内部のフェーダーが大体それっぽい位置に初めから設定されています

コンソールが既に設定済

したがいまして、さきほどのサンプルのようになんにもしなくても丁度いい感じに聴こえてくれるんですね。これも余計なことに悩まないでさっと使えるようになるので、まさに「即戦力」であると言えます。

ドラムパターンライブラリが即戦力

そして最後にEZ Drummer 2だけが搭載している特殊な機能、MIDIブラウザーとライブラリです。

こんな感じで、音源側に大量のMIDIループライブラリが搭載されており、「Verse(Aメロ)」「Bridge(Bメロ)」「Chorus(サビ)」のように展開別に最適化されたパターンが大量に収録されています。

MIDIブラウザー

そして、これをMIDIブラウザー経由でDAWにドラッグ・アンド・ドロップすると、もうパターンが出来上がってしまいます。サンプルのループを搭載しているドラム音源は数ありますが、ここまで簡単に取り扱えるのはEZ Drummerが唯一かと思います。貼り付けられたMIDIはベロシティなどの情報を見られますので、手動で打ち込みするときの参考としても有用です。

DAWにペースト

MIDIパターンの例

……とはいえ、個人的にはこれそのままだと痒いところに手が届かないのが実際で、用法としては「ドラムのワンパターン化を防ぐ」「次の展開のインスピレーションを得る」という使い方が良いかと思います。

また、逆にドラムパターンから曲を起こすという使い方もできます。クリックするとパターンが鳴ってくれるので非常に直感的に扱うことが可能で、インスピレーションを起こすのに使えます。

まとめ

Toontrack EZ Drummer 2は個人的に初心者におすすめしたい便利機能をたくさん搭載したドラムです、という話でした。

Addictive DrumsとかBFD3もキットの設定はある程度完成されてるよ?とお思いかもしれませんが、BFDより安く、Addictive Drumsほど音に特徴がありすぎないという点をおすすめしておきたいと思います。
Addictive Drumsの「あの音」が気になる方にも薦めたいです。

 - 創作, 機材 , ,