ありんこ書房

今日から使える創作ノウハウ。時々エッセイ。ゴシックカルチャー。

ソフトウェアを海外のネットショップで買うとき、問い合わせに使える英語5パターン

      2016/06/02

スポンサードリンク

もちろんこれだけで会話ができるわけではありませんが、
ビジネスメールなんて形が決まっているのでとっさに使える手段を覚えておくのが便利です。
御機嫌よう、蟻坂(@4risaka)です。

海外のネットショップで困った時

海外のネットショップ、Paypalを使えば簡単に買い物できますし、
DTMとかソフトウェアの購入の場合、だいたいダウンロードで買えるので発送上の問題も起きません。

が、日本のショップと比較するとそれなりのトラブルが発生しやすいのは事実です。
たまにシリアルが送られてこないとか細かいトラブルが起こっているのを、twitterなんかで見かけることがあります。

そんなとき、Google翻訳のよくわからない英語でもとりあえず戦えるのですが
ほぼパターンも限られてますし、定型文として覚えてしまいましょう。
あとは「CONTACT」みたいなページからメールを飛ばすだけです。

便利な言い回し5選

挨拶

とりあえず挨拶を覚えましょう。

日本語のビジネスメールだと、「○○様」「お世話になります、☓☓です。」「以上、ご確認よろしくお願い致します」
みたいな定型文でサンドイッチしたりしますが、英語にはそれに相当するものがありません。
確かに世話になってない相手に「お世話になります」とかおかしいので合理的ではあります。

その代わり「拝啓」「敬具」に相当するものがありますので覚えましょう。

  • 拝啓 → 「Dear Sirs,」
  • 敬具 → 「Sincerely Yours,」

いずれもカンマまでで1セットです。

また、アメリカ圏だと「Sincerely Yours,」ですが、イギリス圏だと副詞が後ろにくるので「Yours Sincerely,」だったりします。
通じればどっちでもいいのでこれについては蛇足です。

問い合わせメールの書き出しと結びはこれで挟むといいです。
ただし海外の方って存外にフランクなので、返事は「Hi, (氏名)」とかユルく飛んできます
挨拶表現を覚えるのは形式ではなく書き出しを整理する目的です。

欲しい商品が取り扱ってなかった時

たとえばパッケージ版の新製品が出てきたとして、
そのダウンロード版を海外で買いたいなー、でも扱ってないなー、ってなったときに
次の文章が使えます。

「(商品名)を取り扱う予定はありますか?」

「Do you have any plan for sell (商品名)?」

ついでに「これのダウンロード版がほしいんだよね、アメリカに住んでないから」みたいな一文を
翻訳ツール使いながらつけくわえて2〜3行で送ればOKです。形式はやはり重要ではありません。

ダウンロード購入した製品のダウンロード期限が切れた時

ダウンロード購入あるあるなんですが、HDDからインストーラーがどっかいっちゃって
パソコンの環境を変えたときににっちもさっちも行かなくなることがあります。
が、ダウンロードリンクは普通期限があるので、そういう時って期限切れで使えなくなっちゃってます。
そこで、ショップからまたダウンロードリンクを貰わないといけませんので、やっぱり英語で問い合わせします。

「(商品名)のダウンロードリンクをもう一度有効にしてくれませんか?もう1回入れたいんですがインストーラーどっかいっちゃって」

「Would you please enable the download link for the following products again?
I want to reinstall them but seems lost downloaded Installer.

(以下、ダウンロードリンクが記載されたメールを引用した文章をペーストする)

今見ると怪しい英語ですがしっかり通じます。
ポイントは過去に購入した証拠としてダウンロードリンクのメールを転載することです。
注文番号も一緒に記載されているので、向こうでも対応が取れてリンクを送ってくれるはずです。

購入した製品がなかなか届かない時

こちらはスタートアップ企業のクラウドファンディングで遊んでたりするときに
「あれ?いつ届くんだ?」と思った時使える言い回しです。

「いつ発送されます?(日付)に注文を確認した(注文番号)けどまだ発送連絡来てません。情報ください。」

「when do my order begin to ship?
my order has confirmed at (日付), (注文番号).
but I don’t have received your product or shipping information yet.
please send more information or shipping status.」

ちょっと長いですが。
結局1行目の「when~」があれば相手には伝わるのでこれだけでいいです。
もちろん、相手が照合する情報がないと困るので、日付と注文番号をどこかに添えて下さい。
こちらの勘違いでなければちゃんと連絡が返ってくるはずです。

キャンペーンでおまけ付きと書いてあったのに付いてこない時

ショップによってはキャンペーンで「商品Aを買うと無料で商品Bがついてくる!」みたいなのをやっていることがあります。
ダウンロード販売の場合、ダウンロードリンクが2個送られてこないとおかしいのですが、
向こうの手違いで商品Aのダウンロードリンクしか来なかったときに使える文章です。

「(日付)に(商品A)を買いました。
下記URLによるとセール期間なので(商品B)がもらえるようですが、
コードが書いてあるメールが来ません」

「(日付), I purchased (商品A) on your store(注文番号).
And, that day would have included in sales period on following URL:
http://(キャンペーン情報が載っているURL、URLがなければスクリーンショットでも文章の引用でもOK)
According to it, I would have been able to get (商品B).
but I never received e-mail which is written promo code of (商品B).」

この後ろに「Please send me the promo code of (商品B)」とかつけてもいいかもしれませんが無くても大丈夫です。
期限ギリギリで注文するとたまに起こるのでそういう時に泣き寝入りしないでクレームしましょう。
ちゃんとしたお店なら「それは失礼、これがダウンロードコードです」って連絡くれます。

まとめ

英語のショップでなんか商品が届かないなどのトラブルに遭った時、
とりあえず5種類の言い回しを覚えておくと、だいたい対処できます。

  • 挨拶
  • ほしい商品がなかったとき
  • ダウンロード購入の期限が切れたとき
  • なかなか届かないとき
  • オマケだけが届かないとき

イレギュラーケースのときはちゃんと考えないといけませんが。

なんとなく想像つくと思いますが、全て実際に出くわした場面です。
そして、記載した英文もそうやって送ったら相手に通じて返事が返ってくるという実績つきなので、
多少怪しかろうが効果については間違いありません。もし必要になったらコピペで使って下さい(ただしトラブルが100%解決することを保証するものではありません)。

 - 創作, 方法論 , , , , ,