ありんこ書房

今日から使える創作ノウハウ。時々エッセイ。ゴシックカルチャー。

DTMの有益なTweetが消されても見られるようにしておく方法

   

スポンサードリンク

Evernote Web Clipperを活用します。
御機嫌よう、蟻坂(@4risaka)です。

Twitterを眺めていると、様々な有益なTipsが目につくことかと思います。
そんなとき、皆様はよく「いいね」をしておいて、あとで参照できるようにしておくことでしょう。

しかし、TwitterはTweet主が元Tweetを消したら見えなくなるという仕様であり、
いくら有益なTipsのTweetを「いいね」して集めておいても、その閲覧権限は元Tweet主の手のひらの上にあります。これでは、後から参照したときに見られる保証がありません。

そこで本記事では、「Evernote Web Clipper」を活用した有益なTweetのスクラップ方法について共有します。

Evernote Web Clipperとは?

まずEvernote Web Clipperについて。

WebページをEvernoteにまるっと保存するツール

メモサービスEvernoteは有名なので皆さんご存知かと思います。なんでもかんでも保存して放り込むことができる便利ツールです。

思いついたことを簡単に記録できます。 | Evernote

さて、これに登録してある前提で、Webページを丸々メモしたくなったという用事は実のところ結構あります。
Evernote Web Clipperは、それをボタンひとつで容易に行うための便利な拡張ツールとなっています。

ブラウザ拡張がある

Webページの保存という目的である都合、ブラウザとの連携は欠かせません。
以下のダウンロードサイトから、Chrome、Firefoxなどの主要ブラウザ向け「Evernote Web Clipperブラウザ拡張」をダウンロードできます。

Evernote Web Clipper | Evernote

以下、このEvernote Web Clipperをインストールしてある前提で、「有益なTweetのスクラップ方法」について説明しますので、何はなくともとりあえずインストールしておいてください。

インストールすると、ブラウザの右上にEvernoteのアイコンが現れるはずです。

ブラウザの右上あたりを確認

Evernote Web Clipperで有益なTweetをスクラップ

さて、それでは実際にスクラップしてみましょう。以下はChromeの場合ですが、他のブラウザでも基本操作は同様です。

TwitterのWebページを開く

まずTwitterのWebを開きます。そして、スクラップしたいTweetの詳細ページを開きます。詳細ページは、Tweetの日付をクリックすると開くことが出来ます。

保存したいTweetの日付をクリック

Evernote Web Clipperを開く

ブラウザ右上からClipperを開く

ブラウザの右上あたりにEvernoteのアイコンが出ているはずですので、これをクリックします。
初回だとログインを促されると思いますので、事前にEvernoteに登録しておいて、登録時に使ったメールアドレスとパスワードでログインします。

キャプチャモードに移行しますので、ツイート全体が明るくなっていることを確認して保存します。このとき、タグを一緒につけておくと後で検索しやすいです。

タグなどを編集して「保存」を押す

Evernoteで確認

EvernoteのWebかクライアント(クライアントのダウンロードはこちら)を開いて、スクラップしたTweetがそのまま保存されていることを確認します。

Evernoteクライアントから確認

このTweetはそっくりそのままコピーされてEvernoteに保存されているので、元Tweetが消滅してもEvernoteさえ開けばいつでも確認することができます。

だいたいそのまんま保存されている

したがいまして、最初に述べたような「有益なTweetがTweet主によって消されて探せなくなった」という問題が解決できることになります。

気になったTweetはさくっと「いいね」したくなるもんですが、こんなふうにEvernoteにスクラップしておくと保存が効くので便利です。また、タグなどで検索がしやすいのでTwitterにいいねを溜め込むより合理的かと思います。

まとめ

そんな感じで、Evernote Web Clipperを用いた有益なTweetの保存方法でした。

なんとなくお察しの通り、Web ClipperはWebページ全部に使えますので、ブログ記事やニュース記事のスクラップにも使うことができます。これらもTweetと同じで、サイト管理者のさじ加減ひとつで消滅する可能性があります(もっとも、こちらはWebArchive.orgで結構簡単にサルベージできますが)。

便利なサービスを使いこなして、情報を上手く整理整頓できるようになるとクールですね。

 - 便利なサービス, 創作 , , ,