ありんこ書房

今日から使える創作ノウハウ。時々エッセイ。ゴシックカルチャー。

これだけ抑えればOK、イマドキのクリエイターが作品や自身を売り出すサービスまとめ

      2017/03/06

スポンサードリンク

この手のまとめ記事はたくさんありますが、列挙されすぎてて何が何だかよくわからないことが多いので
自分で「目的ごとに1〜2個ずつ」でまとめました。
御機嫌よう、蟻坂(@4risaka)です。

素晴らしいサービスがたくさんある時代

いまやインターネットによる情報化が起こって久しい時代ですが、
我々作家も、作った作品とインターネットを結びつけることによって
場所や時間を問わず発信することが容易になりました。

特に、「クリエイター向け発信サービス」は大量に存在し、
あらゆる手段を使って作品を簡単に発信する機会が用意されています。

一方で、似たようなサービスが増えすぎて、
パソコンを使った発信に慣れていない方は情報の洪水に混乱してしまうかと思います。

そこで、本記事では目的別に1〜2個に絞って便利サービスを紹介します。

ネットを使って作品を広めたいが、何をどう始めればいいのかわからないという状況を
なんとか打破できる手助けになれば幸いです。

クリエイターが発信をするのに必要なもの

まず作品があるという前提で考えると、
「インターネットをつかって多くの人に作品を見てもらう」という観点で
以下の手順をそれぞれ実現していく必要があります。

  • 公開する
  • 販売する
  • 宣伝する
  • 人的資本(スキル・実力)を広める

とくに最後なのですが、ご自身の作品の価値を間接的に高めるために有効です。
「○○で活躍しているひとの作品か、買ってみよう」と思わせる戦略です。

というわけで、上記の手順をいっこずつ達成できるサービスを1〜2個ずつ紹介します。

絵を公開・販売したい

oixiv
pixiv

今更説明するまでもありませんね。国内最大のイラストSNSです。
まずはここに公開して。。。

booth
BOOTH

同人作品の場合、BOOTHが一番良いです。
同じ畑のユーザーが最も多く、注目される確率が高いです。

artmater
ArtMeter

また、油彩や水彩などのアナログ絵、より芸術性の高い一枚絵の量り売りをしたい場合ArtMeterが良いでしょう。
絵の面積によって価格の目安が自動的に決まるため、価格設定に迷う必要もありません。

音楽を公開・販売したい

SoundCloud
SoundCloud

こちらも今更説明するまでもなく、世界最大の音楽SNSです。

このほか、弊ブログでは、まことしやかに経営難がささやかれたタイミングで、
同様のサービスを紹介しています。
SoundCloudの将来が不安なので、hearthis.atに乗り換えるのがいいかも
SoundCloudに上げた全ての曲をhearthis.atに一発で引っ越しする方法

ただ、ソニー・ミュージックと契約するなど持ち直しているようなので、お好みで。

販売は、SoundCloud(=海外のサービス)をベースにして考えるならば
bandcampがおすすめです。

bandcamp
bandcamp

イラストと異なり、海外への販売網の展開が非常に容易なのが特長です。

同人作品の場合は、イラスト同様BOOTHが良いでしょう。

文章を公開・販売したい

文章を公開する場合、小説の場合はカクヨム一択でしょう。

kakuyomu
カクヨム

エッセイの類だとnoteが良いと思います。小説も販売するならこちらでしょう。
販売もこちらで可能で、PDFなどの作成をしないで書いたテキストにそのまま値段付けられるのが楽で良いです。
note
note

ハンドメイドグッズ(アクセサリーなど)を公開・販売したい

ハンドメイド作品だとminneが盛況であり、おすすめです。

minne

海外向けの販路が欲しい場合、Etsyが良いでしょう。
etsy
Etsy

こちらは買い手視点ですが、弊ブログで簡単に紹介記事を書いています。
併せて御覧ください。
ブランドショップに留まらない、ゴシック・ロリィタ向けハンドメイドマーケット活用のすゝめ

作品を宣伝したい

さて、公開と発信は簡単にできそうですが、
これを知ってもらう必要があります。

twitter
twitter

お知らせをリアルタイムに行うならtwitterしかありませんね。
ただし、定期宣伝ははっきりいって全く意味が無いのでおすすめしません。

こおろぎさんという方がブログにまとめていますので、こちらが参考になります。
効果測定したらわかりますが、効果が少なすぎるどころかリスクがあるので良くないと考えています。
コアなファンを失うリスクがある「定期ツイート」はもうやめよう。代わりの宣伝方法も提案するから。 | こおろぎさんち

他の手段としては、自分のWebサイトを使って発信するという方法があります。
最近はStrikinglyのような簡単にWebサイトを作る機能がありますので、自分の発信拠点を設けるのも容易です。

strikingly
Strikingly

また、弊ブログではStrikinglyを使ってサイトを作る方法をまとめてありますので
併せて御覧ください。
Strikinglyを使うと、自分の同人活動を紹介するWebサイトを30分で作れちゃう

Strikinglyにはブログ機能があります。
作品を間接的に広報できるようにご自身の情報を発信し続けるという意味において、
ブログという活動は非常に意義があり、おすすめです。

スキルを売って役立てたい

上に挙げました「広告・宣伝する」という点において、
作家としての自分の能力をブランディングする(価値をつける)のも大事です。

「このひとはこういうことができるから依頼しよう」など、新たな作品へのきっかけや
「○○で活躍しているひとの作品だから手にとってみよう」というシナジーが期待できます。

ご自身のスキルを売るならば流行りのクラウドソーシングサービスが便利です。
ココナラは登録の障壁が低く、価格設定も柔軟であり、スキルならばなんでも売れるためおすすめです。

coconala.com

無料で共有してもらい、名前を売るという主旨(+クリエイター奨励プログラムによる報酬)であれば、
ニコニ・コモンズはユーザー数が多く、助けになることでしょう。
niconico
ニコニ・コモンズ

なお、スキルを売る場合、価格設定を誤るといいように使われてしまうので注意が必要です。
同人制作の報酬が不透明過ぎるので、相場について答えを出してみた

むすび

ここまでに紹介したサービスにそれぞれ登録し、
「公開→販売→宣伝→宣伝の振り返り→新作の公開→販売→改善した宣伝→……」というように
オーソドックスにPDCAを回すことで、
ほんの数年前では考えられないくらい簡単に作品を世に広めることができます。
手段は書きました。やらない手はありませんね。

ちなみにここでおすすめしたサービス、多少使いにくくてもわたしがこれらをおすすめする理由は
使っているユーザーが多いからです。
どんなに簡単に発信できても、ほかのひとの目に留まりにくいものを使っては意味がありませんからね。

個人的には、「発信は容易だが広告が非常に難しい」という新たな問題を
このソーシャル時代は抱えているきがするのですが、これはまた別の機会に述べます。

まず発信しましょう。愉しいですよ。

 - 創作 , ,