ありんこ書房

今日から使える創作ノウハウ。時々エッセイ。ゴシックカルチャー。

楽器が弾けないけどコードを鳴らしたいひとのためのiPhoneアプリ「ChordBoy」が便利

      2016/03/20

スポンサードリンク

御機嫌よう、蟻坂(4risaka)です。
DTMって楽器が弾けなくてもなんとなく曲が作れちゃったりするので、便利な時代ですよね。
わたしも楽器を全く弾けなかった頃からやっているので、その便利さはよくわかります。

しかし、楽器が弾けないと何が困るって、
コードやスケールを簡単に鳴らせないんですよ。
いわゆる手癖というやつなのですが、それが一切不可能になっちゃいます。

音楽理論の知識からコードの構成音は知っていても、
例えばMIDIキーボードを一音ずつ頑張って押さえてやっとコードを鳴らして……
みたいな、無駄に時間のかかる作業を強いられてしまうというのは、
楽器が弾ける人と比べると大きくディスアドバンテージになってしまうのも事実です。

そこで、本記事では楽器が弾けないDTM作曲家の方のために
便利なiPhoneアプリ「ChordBoy」を教えます。

ChordBoyとは

ChordBoyとは、pocke, IncさんがリリースするiPhone向けアプリケーションです。
作曲に用いるスケールやコードの学習を目的としており、シンプルなインターフェースでコードやスケールの音を確認することができます。

ChordBoyがDTMにおいて何がオイシイかといいますと、

  • コード名を選ぶと指一本で響きを確認できる
  • メモリー機能でコード進行を大雑把につくって確認できる
  • スケールを選ぶと構成音を確認できる

という、音楽理論をちょっと触ってコードやスケールは知ってるけど全然暗記できねえっていう方におすすめのアプリなのです。
わたしも記憶はしたくないタイプなのでお世話になりました。今もコード確認で使うことがあります。
あれ、ギターは?

ChordBoyの使い方

コードモード

chordmode_m
ChordBoyを起動すると、ちょっと昔のゲームっぽい起動音とともにまず「コードモード」と呼ばれる画面が表示されます。
この画面では、

  • コードネームの設定
  • コードを鳴らす
  • メモリー機能

を使用し、コードの構成音や響きを確認することができます。

コードをならしてみる

chordmode2
まず、メジャーやセブンスなどコードの種類を中央のパネルから選択します。
次に、画面下部の鍵盤から、適当に鳴らしたいコードのルート音のところをタッチします。
コードが鳴りました。以上!

……という具合に実に簡単にコードの確認ができます。
通常はタッチしている間だけ鳴りますが、画面右側の「Key Hold」を有効にすると
一度押すとずっと鳴ってくれます。

このほか、パネル上部の「Inv」ボタンを1回押すと第一転回形
もう1回押すと第二転回形に変化します。更に押すと元に戻ります。
転回形もらくらく確認ですね。

メモリー機能

確認したコードを、最大4個まで保存することが出来ます。
4個あればコード進行を簡易的に組み立てて確認することもできますね。しかも指一本で!
memory_m

こちらも簡単で、前の節でコードを設定した後、画面上部のmemory1~4のボタンを押すだけです。
assign_m
「保存しますか?」という主旨のダイアログが表示されますので、OKを押すと保存されます。以上!

こちらもお手軽すぎてあまり説明することがありませんでした。
ちなみに、画面右上の「memory Reset」ボタンを押すとメモリーに保存したコードを消すことが出来ます。
こちらは4個一気に消すことしかできないので気をつけてください。

スケールモード

scalemode2_m
こちらはスケールを確認することができる機能です。
メジャースケールやマイナースケールはもちろん、チャーチモードやブルーススケール、ヨナ抜き音階にも対応していますので、
必要になったらあらゆるスケールを確認することが出来ます。

こちらも確認の仕方は簡単で、ルート音の鍵盤を押しっぱなしにするか、
「Play」ボタンでひとつずつ鳴らすかのどちらかでスケールの構成音を鳴らすことができます。
各スケールをとりあえず手当たり次第に鳴らしてみて、インスピレーション元にするのも良いかもしれません。

ここで、解説していないボタンが有りますが後述します。

セッティング画面とアルペジオ機能

settings_m

ちょっとレトロゲームっぽいセッティング画面です。
コードモード、スケールモードの各画面から「Settings」ボタンを押すとこれが表示されます。
画面上部の「Chord Mode」および「Scale Mode」からそれぞれの画面に戻ることが出来ます。

本記事では諸事情により画面中央より下について開設します(理由は後述)。

基本的にアルペジエーターの設定画面になります。
settings2_m1

  • 画面左側の大きなツマミでアルペジエーターの種類(上昇、下降、途中まで上昇してから下降、ランダム)
  • 画面右側の橙色のツマミでアルペジオの音価(たとえば1/4ならば四分音符、-3とついているものは三連符)
  • 画面右側の青のツマミでアルペジオ範囲(単位はオクターブ)

を設定できます。
画面下部の「KEY HOLD」をオンにして、コードモードやスケールモードで鳴らしっぱなしにしておくと
音を聴きながらアルペジエーターの設定をいじることができます。
(ちょっと設定と音色選択の幅が狭いので、わたしの場合使用頻度はあまり高くありませんが。。。)

settings3_m1
「GATE LENGTH」はゲートタイム設定で、簡単に言うと音の歯切れを設定できます。
短くするとスタッカートのように弾むような鳴り方をし、100%になると音符の長さだけしっかり伸ばします。
「TEMPO」は基準になるBPMを設定する項目で、おもにアルペジエーターの音の鳴り方に影響します。

一通り設定した後、コードモードで音を鳴らすか、スケールモードの画面にある「arp」ボタンを押すと、
設定した通りのパラメータでアルペジオが鳴り始めます。

実際のところ、「コードやスケールを確認する」という用途だと使用頻度はほとんどありません。
参考程度に。

フリーズした

画面上部の説明をしようとしたのですが、
十字キーの右の液晶っぽいところをタップすると何回やってもアプリが固まったので
この箇所については説明を省略します。あしからず。

まとめ

というわけで、今回はChordBoyというアプリの紹介をしました。
スケールとコードをさくっと鳴らす方法って楽器が弾けないと非常にハードルが高く、
脳内の音をおもったように形にできなくてのたうち回るひとも少なく無いとおもうのですが、
スマートデバイスという文明の利器でご覧のとおりぐっと楽になって、本当に良い時代だとおもいます。

特にスマートフォンはみなさんお持ちですし、
DAWを立ち上げたパソコンの画面と別に起動してさくっと確認できるのは楽ちんです。
コード確認アプリ「ChordBoy」、いいですヨ。

ちなみに2016年2月1日現在、900円のところを120円で売っているようですので急ぎならば是非。

コード&スケール辞典 CHORD BOY

120円
(2016.03.20時点)
posted with ポチレバ

 - DTM/作編曲, 創作 , , ,